エリック 通販ならおまかせです

でもボードブックなら多少痛みにも強いかな?1歳半の子供は気に入ったみたいで隠れるところを何度もめくって楽しんでいます。最近ママと言えるようになったのですが、ワンワンと言うとワンワンと言いかえしました。3歳児にも楽しめるようでいつも取り合いっこしてます。

1月13日 オススメ商品♪

2017年01月13日 ランキング上位商品↑

エリックコロちゃんはどこ? [ エリック・ヒル ]

詳しくはこちら
 b y 楽 天 市 場

この仕掛け絵本はいろんなところからいろんな動物が出てきて楽しいですね。以前、テレビで紹介されていてとっても気になってたんですがその時は一人目の子供は対象年齢ではなかったので買わずじまいでした。ただ、他の方のレビューにもあるように仕掛けの部分の素材が薄いので、すぐにぐちゃぐちゃになってしまったのが残念かな。。今回二人目の子供が絵本に興味を持ち出してので早速購入したところとても楽しそうに読んで(遊んで)ます。わが家にも英語版があります。内容もシンプルで、かわいいし、子供がページの中にあるしかけをめくる楽しさやカラフルさに興味津々!本自体が思ったより分厚くてしっかりしているので、長持ちしそうです。子どもが大好きです。字も少ないので、1歳ちょいになる息子のペースでペーージがめくれて良いです。絵本のサイトで1歳児〜おすすめで購入。コロちゃんシリーズのDVDは持っているのですが絵本は今回が初めてでした。出産祝いの1つとして購入。そして!その動物達のセリフも面白いです。ちょっと小さいですね。ブックフィルムなどで補強してから子どもに渡すことをお薦めします。わが子の時にはこの仕掛け絵本はなかったのですが内容を見て!楽しいく子供が喜びそうな絵本なので!嫌がらず!飽きずに聞いてくれるのではないかと思い購入しました。ボードブックと書いてあったのを気付かず買って!手に取ったら今まで見たことのあったのと大きさが違うのにびっくりしました。早い段階から楽しめる絵本だと思います。三歳のお兄ちゃんと順番に(ケンカになってますが)仕掛けをめくって楽しんでいます。お母さん犬が隠れている子犬のコロちゃんを家中探すというしかけ絵本です。仕掛け絵本になっていてとても単純な話です。2歳の孫に丁度あった絵本を探していました。。普通のタイプとハード本と悩んだんですが!めくる仕掛けなのですぐやぶれるしなと思いこちらにしました。何度か読んだ後、子がめくる部分を力一杯はがしてくれ、3カ所動物が丸見えに(泣)両面テープで補修しては、はがされるを繰り返し、その3カ所はボロボロに・・・。ボードブック(厚手の紙)なので1歳児でも破ることなくページをめくれます。単純なストーリーですが、孫が夢中で何度も「読んで〜」とせがみます。。1才の誕生日を迎える孫にクリスマスプレゼントとして購入。自分でもしかけをめくれるようになったのですが。。最後のページでコロちゃんが見つかると!大興奮しています。早くこれを読んであげて喜んでくれるようになると嬉しいな♪すぐにお気に入りの本になりました。TVで小島奈津子さんがお子さんに読んであげているというのを見て欲しくなり、まだ早いのですが我が家の6ヶ月の娘と、弟のところの3ヶ月の姪っ子にお揃いで2冊購入しました。色々な動物が隠れているのをめくる仕掛けになっているので!子供はきっと喜ぶと思います。文が長いと読み終わる前にめくられてしまうのでw絨毯や、ベッド、時計の中・・・めくるのが楽しいようです。お母さんがコロちゃんを探して、ドアや時計の中、タンスの中、、と開けていくのですが、それぞれの扉(しかけ)をめくる度にいろいろな動物が出てきてます。それでも!とても気に入ってくれているので!☆5で。一歳になった下の子のお誕生日プレゼントにしました。9ヶ月の娘がとても気に入り!何度も読めと言います。お気に入りのようで何度も何度も読んでとせがまれます。ボードブックなのでしっかりしていて!持ち運びに便利です。本の厚みも大きさも!2歳の幼児にはピッタリでした。結果、こちらでも一回で仕掛けが破れてしまいましたが、何度も補修して読んでいます。。このシリーズを揃えたいと思います。1才をすぎ前より絵本の内容が分かるようになり読むのも楽しいです。。1ページずつ違う動物が隠れていて最終的にコロちゃんのおうちには動物園か!?というくらいですが子供にはそんなこと関係ないので買って良かったです。ベッドをめくるとワニが!ピアノの中にはカバが!!しかけをめくると隠れていた動物が次々と顔を出す楽しさに加え!声色を変えて「おらんぞー」とか「いないよ〜」と読んであげるとキャッキャと喜びます。本体がボードになっているのに!仕掛け部分はただの厚紙なので!破けるは食べちゃうわ。めくって出てくるユーモラスな動物達が楽しく!子の反応も良かったです。子どもは!「ここかな〜?」と言ってしかけをめくって「いなーい」「いた」と喜んでいました。